HOME»  クロアチア・コラム»  古都ニンの不思議な癒しの泥パック。

古都ニンの不思議な癒しの泥パック。

癒しの泥(Healing mud)

ニンのラグーンには、女王の海岸(Queen´s beach)と呼ばれる海岸があります。ここには、ローマ時代より病気治療に利用してきた特殊な癒しの泥(Healing mud)を採取する事が出来ます。癒しの泥(Healing mud)を使った治療は今も現代に受け継がれています。特に、リュウマチ、脊椎疾患、また女性の不妊治療、その他多くの皮膚疾患に高い効能があり、多くの人が訪れます(と言っても人口数千人の小さな町ですからそれほどでもありませんが。)ザダル病院の専門医師が出張して、海岸の小さな診療所(ドクターコトーの診療所ぐらい)に常駐して治療を指導しています。治療方法は薬効泥を患部に塗り太陽で暖めます。暖める時間や場所を指導してもらいそれぞれ時間が来るまで本を読んだり、ビーチで遊んだりして過ごします。皮膚疾患に高い効能がある為肌のトラブルや、美容などにも人気です。療養を目的とした長期滞在のかわいいホテルもこの海岸沿いにあります。

癒しの泥(Healing mud)はこのあたりの浅瀬で採取することが出来ますが、ニンの一帯は特別保護区となっているため、持ち出すことは禁止されているようです。癒しの泥(Healing mud)はまた同じ海で洗い流されます。

ヒーリングマッド(Healing mud)と呼ばれていて、海外からも多くの人が治療にやってきます。(写真を見ると治療ばかりじゃな気もしますが)この癒しの泥(Healing mud)は黒色で、周りの土とはまったく違う物だと言うことは人目でわかります。藻類が作り出した物ではないかと思われます。塩分濃度の高いラグーン内ではドナリエラ(抗酸化作用に優れるカロテノイドを作る)やスピルリナ(ミネラルを多く溜め込む)など有効な藻類が多く繁殖します。その他薬効の成分を合成している藻類が存在しているのかも知れません。

(Queen´s beach)の近くにあるホテル、長期滞在に適したアパートタイプ。ビーチ一帯の自然環境は保護されているので、ちょっぴり離れたところにあります。

クロアチアのテレビで泥治療を紹介しています。

クロアチアの政府観光局のホームページでもニンの泥治療について紹介されています。

 

ニンの街を紹介している動画です。

http://x0093549.xaas.jp/docs/